さまよう雨男

出掛けると道に迷うか雨に降られます。 そんな私の散策の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧六軒町郵便局(リストランテ・ベニーノ)          埼玉県川越市 

PC252366.jpg
イタリア料理のお店「リストランテ・ベニーノ」。
入り口にイタリアの国旗が見え、
ついうっかりいかにもイタリアンな建物だね、と言ってしまいそうだが、
実は元々この建物昭和2年に材木商の銘木の展示場として建てられたもので、
10年後に六軒町郵便局として転用され、約50年間地域の住民に利用された。
郵便局の移転後は様々な形で転用されたようで現在はレストラン。
地元の人達もこの建物を残さなければという熱い思いもあるようで、
国登録有形文化財に指定されています。
PC252370.jpg
設計は志村岩太郎、まったく知らないが他にはどんな建物を設計したのか気になります。
この建物、三角形の土地なので、正直勘弁してくれと思ったのかもしれないが。

郵便局繋がりで東京へ
旧千住郵便局電話事務室へつづく

丸栄(シマノコーヒー大正館)他へ
田中家住宅へ
旧中野歯科医院へ
太陽軒へ
旧湯宮釣具店へ
旧勝目郵便局へ
スポンサーサイト
  1. 2013/01/01(火) 00:39:23|
  2. 埼玉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧千住郵便局電話事務室(NTT東日本千住ビル)     東京都足立区

PC252451.jpg
スクラッチタイル貼りが美しい、昭和4年建築の旧千住郵便局電話事務室です。
設計は日本武道館や京都タワーを設計した山田守。
写真撮ってたら、この建物なんかあるのかねえって感じで見られましたが、
特に文化財指定とか、何とか100選とかは御座いません。
PC252448.jpg
正面の曲線とこのトンネルの通路の感じがとても良いです。
東京メトロ北千住駅から徒歩数分。
近くに古い銭湯の大黒湯もありますので一緒に。

東京に1度行ってみたかった博物館がありまして
明治大学博物館 刑事部門へつづく

旧六軒町郵便局へ旧湯宮釣具店へ
大黒湯へ
旧勝目郵便局へ
旧広島中央電話局西分局へ
台湾総督府電話交換局へ
サイゴン中央郵便局へ

  1. 2013/01/02(水) 14:16:51|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大学博物館 刑事部門          東京都千代田区

明治大学の施設「アカデミーコモン」内にある明治大学博物館、
商品博物館と考古学博物館もありますが
とりわけ有名なのは処刑器具やら拷問器具がある刑事部門。
IMG_2306.jpg
目玉展示の「ニュルンベルクの鉄の処女」。所謂アイアンメイデン。
中にトゲトゲがあってギューってするわけです。
しかしながらこれが実際使われたのは微妙で、
どうだ怖いだろってシャレで作ったという説もある。
IMG_2307.jpg
有名なギロチン。即死させることができる為、人道的なんだと。
フランスの医師ギョタンという人が考案したそうだ。
案内板に1981年まで使用されたとあった、つい最近じゃないですか。
IMG_2285.jpg
MADE IN JAPANの物も多数。これは首を晒した獄門首台木。
こっちはギロチンではなく日本刀だが、切れ味鋭い日本刀でも、
執行人の腕いかんで首を落とすにも時間がかかることもあったそうだ。
IMG_2292.jpg
江戸時代の拷問器具も色々。この石50キロあったそうだ。
自白強要なんてレベルでは無いこの時代、冤罪が6割だったとも言われている。
IMG_2295.jpg
御用提灯ですがTVとは違って御用は横に書くのが正解。
だって正面だと前が暗くなっちゃうので。

色々考えさせられる博物館です、基本人間って残酷なのでしょうな。

JR中央線・総武線 御茶ノ水駅から徒歩数分。
大学の施設なので日曜など休館が多いので注意、無論無料です。

もう一東京の無料の博物館
味の素 食とくらしの小さな博物館へつづく

旧千住郵便局電話事務室へ
戦争証跡博物館 その2へ
藤子・F・不二雄ミュージアムへ
ピースおおさかへ
  1. 2013/01/03(木) 12:48:32|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

味の素 食とくらしの小さな博物館          東京都港区

都営浅草線・高輪台駅から徒歩10分くらい、
なんとなく部外者が入りにくそうな味の素グループ高輪研修センターという建物の中に、
味の素の歴史がわかる「食とくらしの小さな博物館」があります。
IMG_6171.jpg
日本10大発明というグルタミン酸ナトリウム、他の9つの発明は知らんが、
日本人の食生活を変えた発明だったと同時にアジアの食文化も変えた一品のようです。
IMG_6141.jpg
東京帝国大学教授の池田菊苗が昆布だしの湯豆腐を食べてるときにこの旨みはなんだと研究を初め、
昆布の旨み成分ががグルタミン酸ナトリウムだということを発見、製造方法を開発。
すでに科学薬品会社を経営していた鈴木三郎助と協力し調味料として販売することになる。
IMG_6147.jpg
味の素の国内での販売開始が1909年、
早くもその翌年には台湾を皮切りに海外での販売を開始します。
IMG_6146.jpg
軍用品の味の素。
IMG_6158.jpg
味の素の原料にヘビが使われているというデマに対しての新聞広告。
まあマ○ド○ナ○ドのミミズのような都市伝説みたいなもんですな、
ただ私の子供のころは味の素は石油から出来てるからあんまり食うなと親から言われたことはある。
現在は「うまみ調味料」と言うらしいが当時は「化学調味料」だった。
ベトナムで一番有名な日本語が「アジノモト」だというようにアジアを席巻している味の素、
わざわざ中国くんだりに旅行に行って、やっぱ本場の中華料理は違うね~とか言ってみても、
所詮は味の素の味だったりすることもあるわけだ。

小さな博物館とありますがなかなか勉強になる良い博物館です。無料です。
貸切状態でしたが是非足を運んでもらいたいと思います。

同時に食品に使われる化学物質への人体の影響も考えつつ・・・
恐ろしいのはなにも放射能だけではないはずで、
人間の生活を楽にする、すべてのモノにリスクは存在するわけで。

海外向けの味の素がいくつか展示してありまして、
無論ベトナム、インドネシア、タイ・・・
そうだなあタイにでも行ってみるかと
タイ旅行記編 その1へつづく

明治大学博物館 刑事部門へ
藤子・F・不二雄ミュージアムへ
田河水泡・のらくろ館へ
手塚治虫記念館へ
稲尾記念館へ
  1. 2013/01/05(土) 00:38:41|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイ旅行記編 その1  スワンナプーム国際空港からバンコク市内へ  タイ サムットプラーカーン 

画像 001
東京羽田0時30分発バンコク行きへ搭乗、
寝てれば着くだろと思いながらこれっぽっちも寝れなかった。
スワンナプーム国際空港到着後、なんとなく出口に向かって歩く。
みんな並んでるのでイミグレかと思ったらトランジットの列だった、
係りの人に「行き先は?」と聞かれ「バンコクだ」と言うと、
「もう着いてるよ、この先まで行け」と。前途多難だ。
画像 004
エアポートレールリンクのエキスプレスでBTSに乗り換えが出来るパヤータイ駅まで。90バーツ。
あんま利用客がいないらしいが快適で綺麗だ。
画像 165
BTSに乗り換えて目的地へ。
車両のカラーリングが歌舞伎チックだ。
んでBTSの券売機は紙幣の使える器械が少ないし、
駅によっては無いところもあってすげえ面倒。
中はエアコンめっちゃ効いてて寒いくらい。

タイ旅行記編 その2 MBKセンターへつづく

味の素 食とくらしの小さな博物館へ
  1. 2013/01/06(日) 17:50:49|
  2. タイ編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

大日本帝国陸海軍兵器 (43)
零式艦上戦闘機 (11)
その他軍用機 (8)
海のもの (10)
陸のもの (9)
その他小物いろいろ (5)
建造物と建築物と史跡とか (323)
北海道 (16)
茨城県 (7)
栃木県 (22)
千葉県 (16)
埼玉県 (9)
東京都 (28)
神奈川県 (14)
新潟県 (7)
福井県 (3)
長野県 (25)
山梨県 (1)
静岡県 (10)
愛知県 (16)
大阪府 (14)
兵庫県 (1)
広島県 (35)
山口県 (7)
徳島県 (19)
愛媛県 (14)
福岡県 (13)
大分県 (21)
鹿児島県 (25)
台湾編 (28)
シンガポール編 (12)
ベトナム編 (15)
タイ編 (26)
カンボジア編 (40)
その他色々 (9)
ド素人釣り日記 (19)

月別アーカイブ

最新コメント

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->