さまよう雨男

出掛けると道に迷うか雨に降られます。 そんな私の散策の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脇町南町(うだつの町並み) その2           徳島県美馬市

IMG_5689.jpg
まあ私自身がいつまでたってもうだつが上がらんがもう少しうだつの町並みを歩いてみる。
IMG_5688.jpg
こちら明治・大正時代に活躍した棋士、小野五平の生家だそうだ。
天保2年(1831年)生まれの小野五平、19歳の時に江戸に出て将棋名人天野宗歩に弟子入り、
明治33年、69歳の時に第12世将棋名人となったそうだ。
自分は将棋より麻雀が好きなので存じ上げませんでしたが、
ブラブラ歩いてると知らない郷土の偉人を知ることが出来るのも楽しさの一つですね。
IMG_5699.jpg
美馬市観光文化資料館の横にある公衆電話。
自動電話ってのが良いですな。
IMG_5705.jpg
うだつの町並みを抜けて「四国三郎」吉野川を土手から眺めてみる。

うだつの町並みへは穴吹駅からタクシーで、バスは無いようだ。
帰りはコアパルシーというショッピングセンターの前にタクシーが待機してたのでそれで駅まで戻った。

同じ脇町にある古い劇場
脇町劇場 (オデオン座)へつづく

脇町南町(うだつの町並み)その1へ
デ・レイケの堰堤へ
徳島市水道局佐古配水場ポンプ場へ
旧日本勧業銀行徳島支店へ
旧高原商店へ

スポンサーサイト
  1. 2012/12/01(土) 14:01:44|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脇町劇場 (オデオン座)          徳島県美馬市

うだつの町並みからオデオン座へ。
IMG_5612.jpg
昭和9年、地元の実業家の協力により脇町に劇場を作るんだということで建設。
元々本格的な芝居小屋として建てられ、戦前には歌舞伎や浪曲の上演が行なわれ、
戦後には歌謡ショー公演や映画上映など地域の憩いの場として親しまれました。
しかし日本全国の映画館と同じくここも時代の流れと共に入場者が減り平成7年に閉館、
取り壊す予定でしたが映画のロケ地になり、
こりゃ観光地として残そうということで保存、公開されています。
IMG_5629.jpg
観光施設なのだが私が行った時は大正琴の練習が行なわれていた。
受付で入場券買おうと思ったら、
「すいません今日は大正琴の練習してて、それでも良ければ・・・」と言われましたが、
むしろ現役の劇場として稼動していた頃を彷彿させてくれる雰囲気を味わえた。
そんなついてるのかついてないのか解らない時はラッキーだと思った方が旅は楽しくなる。
IMG_5632.jpg
本格的な芝居小屋なので奈落があり見ることが出来る、
地下室的なもの大好きなのでたまらない。
なんかどっかの歌舞伎役者が奈落に落ちたという話が合ったが、ここに落ちたと思うとゾッとします。
IMG_5640.jpg
脇町劇場、通称「オデオン座」、
オデオン座の名はフランス・パリにある国立劇場「オデオン座」の外観から由来されたとのことだが、
例によって本家オデオン座の写真を見たけどよくわからない。
まああっちはセーヌ川のほとりで、こっちは大谷川のほとりで。
美馬市指定有形文化財、ヘリテージング100選。

徳島県に現存するもう一つの古い映画館へ
貞光劇場へつづく

脇町南町(うだつの町並み)その1へ
デ・レイケの堰堤へ
徳島市水道局佐古配水場ポンプ場へ
旧日本勧業銀行徳島支店へ
旧高原商店へ
長野松竹相生座・長野ロキシーへ
高田世界館へ
  1. 2012/12/02(日) 21:16:04|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貞光劇場             徳島県美馬郡つるぎ町

オデオン座から穴吹駅へ戻り再び徳島線で貞光駅へ、もう一つの古い映画館へ。
IMG_5716.jpg
貞光駅から正面を左折、徒歩10分位で入り口が見えてきます。
IMG_5729.jpg
貞光劇場は昭和7年に建てられた戦前の木造劇場、
鮮やかなエメラルドグリーンに塗装されているがその歴史は古い。
IMG_5725.jpg
現役の映画館として紹介されているが、
現在は休館中な感じで館長の年齢を考えると再開は難しそうかもしれない。
かつてはイベントも行なわれたようで、中を覗くとイベントのポスターと芸能人のサインが飾られていた。
IMG_5724.jpg
よく被写体としてネットなどでよく見る水道ポンプ。
しかしながら長いこと動いてなさそうな自転車が哀愁を誘う。
IMG_5717.jpg
戦前、そして戦後、映画が庶民の娯楽の王様の時代、ここが客で溢れかえったのだろうが、
そんな時代ではもうないし、むしろテレビですらも時代遅れになった今、
ただ歴史の生き証人としてここに佇んでいる、いやまだ現役なのかもしれないが。
オデオン座は映画のロケ地になっただけで取ってつけたように文化財になってるが、
ここはこの先どうなるのかはわからない。

ちょっとだけ界隈をうろついてみます
貞光のうだつと旧永井家へつづく

脇町劇場 (オデオン座)へ
脇町南町(うだつの町並み)その1へ
デ・レイケの堰堤へ
徳島市水道局佐古配水場ポンプ場へ
長野松竹相生座・長野ロキシーへ
高田世界館へ
  1. 2012/12/03(月) 19:41:25|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貞光のうだつと旧永井家            徳島県美馬郡つるぎ町    

貞光劇場だけ眺めて帰るのは寂しいので界隈をうろついてみる。
IMG_5760.jpg
貞光にも「うだつ」があります、んでこちら二層うだつと言う珍しいものらしい。
IMG_5746.jpg
寛政3(1791)年に建てられたという旧永井家庄屋屋敷へ、
永井家は代々庄屋を務め、明治時代は医者として生計を立てていたそうだ。
この柿の木もそうとう古いらしい。こちら「モヤ」。
IMG_5748.jpg
こちら「ネドコ」。
IMG_5736.jpg
貞光劇場の近くにある旅館「平石屋」。
当然営業しているわけではないが1歩間違えば文化財。
IMG_5712.jpg
再び貞光駅へ。

徳島ラーメンを食べに再び徳島市内へ
中華そば 萬里へつづく

貞光劇場へ
脇町劇場 (オデオン座)へ
脇町南町(うだつの町並み)その1へ
  1. 2012/12/05(水) 20:14:06|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中華そば 萬里              徳島県徳島市

IMG_5901.jpg
徳島に来たなら徳島ラーメンをと思い、
駅から近くて古そうな建物の萬里へ。
店内に張ってある写真を見るとかなり昔から営業しているみたいだ。
IMG_5761.jpg
営業してなかったので夜来た。
IMG_5765.jpg
店内の様子。
IMG_5767.jpg
こちら中華そば卵入り小。
メニューは中華そば大と小と肉と玉子のトッピング。
あと餃子とチャーハンしかない。

後にちょっと言えない店でお姉さんに聞いたところ、
「まあ徳島ラーメンと言っても色々あって一概にこれがとは言えないわねえ・・・
 基本はトンコツしょうゆなんでしょうけど・・・」とタバコの煙を吐きながら教えてくれた。
あとは豚ばら肉ともやしがのっているということなのだろう。
なんでもトンコツなのは地元にハム工場があって大量のトンコツが安く手に入ったかららしい。

もう一軒行ってみるかと
銀座一福へつづく

貞光のうだつと旧永井家へ
脇町劇場 (オデオン座)へ
旧日本勧業銀行徳島支店へ
旧高原商店へ
弁天山へ
ひょうたん島クルーズへ
まるい食堂へ
ヒカリ食堂へ
トキワ荘跡へ
PHO24へ
  1. 2012/12/06(木) 20:08:43|
  2. 徳島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

大日本帝国陸海軍兵器 (43)
零式艦上戦闘機 (11)
その他軍用機 (8)
海のもの (10)
陸のもの (9)
その他小物いろいろ (5)
建造物と建築物と史跡とか (323)
北海道 (16)
茨城県 (7)
栃木県 (22)
千葉県 (16)
埼玉県 (9)
東京都 (28)
神奈川県 (14)
新潟県 (7)
福井県 (3)
長野県 (25)
山梨県 (1)
静岡県 (10)
愛知県 (16)
大阪府 (14)
兵庫県 (1)
広島県 (35)
山口県 (7)
徳島県 (19)
愛媛県 (14)
福岡県 (13)
大分県 (21)
鹿児島県 (25)
台湾編 (28)
シンガポール編 (12)
ベトナム編 (15)
タイ編 (26)
カンボジア編 (40)
その他色々 (9)
ド素人釣り日記 (19)

月別アーカイブ

最新コメント

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->