さまよう雨男

出掛けると道に迷うか雨に降られます。 そんな私の散策の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧台湾総督官邸(台北賓館)       台北市

画像 160
総督府と同日に台北賓館も一般公開されていました、
かつては総督府と同じくパスポート提示や手荷物チェックなどあったらしいですが、
現在は出入り自由で写真撮影も大丈夫なようでアバウトな感じです、なにがあったんでしょうか。
なにはともあれこの美しい建築物を見れるのは良いことです。
画像 172
では内部へ。
台北賓館は日本統治時代は台湾総督官邸として、
戦後は中華民国外交部の管理下で国賓を接待する迎賓館として使用されてきた。
設計は福田東吾と野村一郎で明治34年に竣工するが、
明治44年に大規模な改修工事と増築が行なわれ、2年後に現在の姿になったという、
増築の設計はおなじみ森山松之助。
画像 176
第二起居室、たぶん客室のことではないかと。
1階は公務と接待で使用され、大食堂、会議室、客室があった。
画像 174
立ち入りできないが螺旋階段が。
画像 199
さて各部屋には暖炉があるわけですが、日本ではともかく暖かい台湾で使用されたのか。
画像 188
昭和27年にここで行なわれた日本と台湾の平和条約である日華条約の調印の様子が、
調印当時の日本側代表河田烈元大蔵相、台湾側代表葉公超外交部長の銅像で再現されている。
わざわざ2009年にこの像を造ったことの意味するものとはなにか。
画像 206
背面側、後ろには庭園が広がっています。
画像 209
左にあるのがバルコニー。
画像 164
このバルコニーから大正12年に皇太子時代の昭和天皇が台湾を行啓した際、
民衆に向けて手を振ったという。
画像 163
そんな感じです。
MRT「台大醫院」駅から徒歩数分、開放日はHPに載ってます。

旧台北州廳舍へつづく

台湾総督府医学専門学校へ
台北帝国大学医学部付属医院へ
台湾総督府へ
台湾総督府高等法院へ
台湾編その1、龍山寺へ
スポンサーサイト
  1. 2012/01/22(日) 01:32:28|
  2. 台湾編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

大日本帝国陸海軍兵器 (43)
零式艦上戦闘機 (11)
その他軍用機 (8)
海のもの (10)
陸のもの (9)
その他小物いろいろ (5)
建造物と建築物と史跡とか (323)
北海道 (16)
茨城県 (7)
栃木県 (22)
千葉県 (16)
埼玉県 (9)
東京都 (28)
神奈川県 (14)
新潟県 (7)
福井県 (3)
長野県 (25)
山梨県 (1)
静岡県 (10)
愛知県 (16)
大阪府 (14)
兵庫県 (1)
広島県 (35)
山口県 (7)
徳島県 (19)
愛媛県 (14)
福岡県 (13)
大分県 (21)
鹿児島県 (25)
台湾編 (28)
シンガポール編 (12)
ベトナム編 (15)
タイ編 (26)
カンボジア編 (40)
その他色々 (9)
ド素人釣り日記 (19)

月別アーカイブ

最新コメント

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->