さまよう雨男

出掛けると道に迷うか雨に降られます。 そんな私の散策の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新丹那トンネル    静岡県熱海市

PC051959.jpg
丹那トンネルのすぐ横の新丹那トンネルは東海道新幹線のトンネルなわけですが、
当初は新幹線の為に計画されたのではありませんでした。
計画された時代はずっと古く、時は日中戦争の最中の昭和13年ごろ、
東海道、山陽線の兵員、軍需物資の輸送量増大の解決のため、
鉄道省建設局は高速列車の運行計画を立案します、その名は「弾丸列車計画」。
それにより熱海、三島間で、丹那トンネルの約50メートル北側に並行した、
長さ7959メートルの新トンネルの掘削が計画され、昭和16年に新丹那トンネルの工事が開始されます。
丹那トンネル開通からわずか8年後のことです。
しかし昭和18年に大東亜戦争の戦局の悪化により中止されてしまいます、
熱海側647メートル、函南側2080メートル掘削したところでの工事打ち切りでした。
PC051958.jpg
戦後、日本の復興と経済成長にともない東海道線の乗客は増え、輸送能力は限界に達します、
そこで国鉄は長距離高速鉄道の運行を計画、東海道新幹線は弾丸列車計画のルートが採用されたため、
昭和34年に新丹那トンネルの工事が再開されます
トンネル掘削技術の進歩と丹那トンネル工事の教訓を生かし、昭和39年に完成します。
殉職者は21名を出しましたが、わずか4年4ヶ月の工事でした。

昭和39年7月1日、第1号列車の「ひかり」が新丹那トンネルを通過し、この物語は終わります。

吉村昭「闇を裂く道」を是非。

せっかくなので伊東線で伊東まで
旧伊東警察署松原交番へつづく

丹那トンネルへ
河口湖自動車博物館飛行館の零戦21型へ
眼鏡橋へ
三国港突堤へ
若獅子神社の九七式中戦車へ
スポンサーサイト
  1. 2011/08/23(火) 22:16:53|
  2. 静岡県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

大日本帝国陸海軍兵器 (43)
零式艦上戦闘機 (11)
その他軍用機 (8)
海のもの (10)
陸のもの (9)
その他小物いろいろ (5)
建造物と建築物と史跡とか (323)
北海道 (16)
茨城県 (7)
栃木県 (22)
千葉県 (16)
埼玉県 (9)
東京都 (28)
神奈川県 (14)
新潟県 (7)
福井県 (3)
長野県 (25)
山梨県 (1)
静岡県 (10)
愛知県 (16)
大阪府 (14)
兵庫県 (1)
広島県 (35)
山口県 (7)
徳島県 (19)
愛媛県 (14)
福岡県 (13)
大分県 (21)
鹿児島県 (25)
台湾編 (28)
シンガポール編 (12)
ベトナム編 (15)
タイ編 (26)
カンボジア編 (40)
その他色々 (9)
ド素人釣り日記 (19)

月別アーカイブ

最新コメント

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->