さまよう雨男

出掛けると道に迷うか雨に降られます。 そんな私の散策の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

記念艦 三笠            神奈川県横須賀市

前回のロシア人墓地から日露戦争関係ということで、三笠を見に横須賀へ。
P5144807.jpg
日露戦争時の連合艦隊旗艦である三笠は、
横須賀市の三笠公園に記念艦として保存されています。
日露戦争のクライマックスである日本海海戦において、
連合艦隊司令長官東郷平八郎と共に日本を完全勝利に導いたこの艦は、
明治35年英国ビッカーズ造船所で竣工、当時世界弟一級の新鋭艦であったという。
P5144793.jpg
艦尾部。
明治38年5月27日午後2時5分。この三笠を先頭に連合艦隊はバルチック艦隊の前で
敵前大回頭、いわゆる「東郷ターン」を行い、集中砲火をうけた三笠は30発以上被弾しますが、
ターンを終え反撃を開始し、バルチック艦隊を完膚なきまでに叩きのめします。
P5144765.jpg
30センチ主砲とマストのZ旗。
有名なZ旗は「皇国のノ興廃コノ一戦ニアリ、各員一層奮励努力セヨ」という信号なわけですが、
日本海海戦の大勝によりその後、海戦ではないのに
ピンチの時にはZ旗みたいな感じで慣用されたようです。
まあ縁起担ぎということです。
P5144759.jpg
主砲から前甲板を。
大日本帝国海軍から海上自衛隊にいたるまで、甲板のゴミは
連合艦隊司令長官でも一兵卒でも気が付いた人が拾うのが伝統だそうです、
だからこそ常に甲板は美しく保てるのだと。
しかし会社でつまらん上司に「おい君、そこにゴミが落ちてるぞ、拾っとけ」と言われても、
気付いたんならお前が拾えとは口が裂けても言えませんが。

三笠その2へつづく

ロシア人墓地へ
戦艦「陸奥」沈没位置へ
旧呉海軍工廠へ

スポンサーサイト
  1. 2011/08/02(火) 21:31:00|
  2. 海のもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記念艦 三笠 その2         神奈川県横須賀市

では三笠の艦内へ。
P5144734.jpg
無線電信室。
当時最新鋭の三六式無線機を搭載。これはレプリカです。
明治38年5月27日、信濃丸からの「敵艦隊見ユ」の第一報を受信。
そしてかの有名な
「敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ聯合艦隊ハ直チニ出動、コレヲ撃滅セントス。本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」
という連合艦隊出撃報告はこの部屋から発信されました。
P5144783.jpg
2番砲室 15cm砲。
人形繋がりと言う事で。
バルチック艦隊を迎え撃つまで連合艦隊は砲撃訓練を重ねます、
それは平時1年分の訓練用弾薬を10日で使い切る激しさだったという。
まさに東郷平八郎曰く「百発百中の一砲は、よく百発一中の百砲に対抗しうる」
P5144750.jpg
4番15cm砲の砲室。
このハンモックで砲員は寝るわけです、
さすが海の漢達、不眠症気味の私にはそれだけでもう無理です。
P5144742.jpg
最後に最上艦橋。
東郷司令長官はここで一文字吉房の名刀の柄を左手で握り、
右手でツアイスの双眼鏡を持って指揮をとりました。
幕僚たちが司令塔内で指揮をとるよう何回も勧めたが、
「私はもう老齢であり死んでも惜しくない、君たちこそ若くて今後も国の為に尽くさねば
ならぬのだから司令塔に入ったらよかろう」と言って承知しなかったという。

しかし、んじゃ私はって、長官残して司令塔に入れるわけがないだろう。

さてこの何十発もの砲撃を受けても決して沈まなかったこの艦が、
佐世保であっさり沈没します。原因はいろいろ説があるようですが、
水兵が戦勝気分で盛り上がって、火薬庫で酒盛りしてたらローソクが倒れて
火薬に引火して爆発したとかいう説もありまして、
なかなか勝って兜の緒を締めよとはいかないようです。

参考は
吉村昭「陸奥爆沈」
歴史街道平成19年4月号
東郷平八郎小伝        より

司令長官のふるさとへつづく
東郷平八郎誕生地へ

三笠その1へ
ロシア人墓地へ
戦艦「陸奥」沈没位置へ

  1. 2011/08/03(水) 21:31:46|
  2. 海のもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東郷平八郎誕生地       鹿児島県鹿児島市

三笠から再び鹿児島へ。
P2273493.jpg
東洋のネルソン、沈黙の提督こと軍人界のスーパースター東郷平八郎は、
西郷隆盛、大久保利通など幾多の偉人を生み出した、
日本のパワースポット鹿児島市加治屋町で生まれます。
鹿児島中央高校の路地を入ったところに生家跡を示す碑が建っています、
実際の生家跡は碑の奥の方にある校内の理科室のあたりらしく、
その理科室にも生家跡を示すプレートが飾られているとのことです。

弘化4年(1874)12月22日、薩摩藩士、東郷吉左衛門実友の邸内で
1人の男子が誕生します、幼名は仲五郎、のちの東郷平八郎である。
平八郎の初陣は文久3年(1863)に起こったいわゆる薩英戦争で、
東郷家では平八郎を含め父子4人が出陣、
五つ蔦の紋のついた陣笠をかぶり、両刀を腰に、火縄銃を肩に家を後にする平八郎に対し、
母はたった一言「敗くるな!」と言ったという。
当時平八郎17歳、恐るべし。

東郷さんのエピソードは大量にありまして、肉じゃがを開発したとか、
実は若いころはお喋りだったとかありますので、機会があれば調べてみると面白いです。

しかしながら日本海海戦の圧勝で過度な神格化もありますが、
日本人が知ってなくてはいけない人物だとは思います。
5千円札の肖像とかにしたっていいくらいですよ、いやまずいかな。

東郷平八郎誕生地のある鹿児島中央高等学校の本館も国登録有形文化財です。
鹿児島中央高等学校本館へつづく

戦艦三笠へ
ロシア人墓地へ

他日露戦争にゆかりの
旧児玉総督後藤民生長官記念館へ
明石元二郎総督の墓地の跡へ


  1. 2011/08/05(金) 21:08:59|
  2. 鹿児島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿児島中央高等学校本館      鹿児島県鹿児島市

P2273495.jpg
さて明治の偉人が多数誕生した加治屋町に建っている鹿児島中央高等学校ですが、
この本館も建築物として価値が高いということで国登録有形文化財に指定されています、
本館の他にも講堂が指定されています。

もともと県立第一高等女学校の校舎として昭和10年に竣工。
竣工直後は陸軍大演習の大本営がおかれたり、
行在所として昭和天皇が7日間滞在されたこともあるのだそうだ。
昭和24年からは県立鶴丸高等学校の校舎、昭和39年から鹿児島中央高校の校舎として
使用されている。設計は県の技師岩下松雄氏、他には旧鹿児島県立図書館も設計しています。

現役の校舎なので内部は見れないですけど見てみたいです、
しかし写真撮るのも学校ってのは怒られないかなと思ったりもする。

道向かいには大山巌の生誕地もあります、というか周りは生誕地だらけで、
よく知らない人もいますが、説明版がちゃんとあるので好きな人は是非。

再び鹿児島散策へ
尚古集成館へつづく

東郷平八郎誕生地へ
鹿屋航空基地へ
山形屋へ
旧鹿児島県立興業館へ
知覧飛行場跡へ

  1. 2011/08/07(日) 12:07:00|
  2. 鹿児島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尚古集成館 機械工場    鹿児島県鹿児島市

P2263214.jpg
鹿児島に来たならとりあえず行っときたいのが、尚古集成館でありまして
かの名君、薩摩藩主島津斉彬が薩摩藩の近代産業を推進するため仙巌園の隣接地に
工場群を建設します、工場群は集成館と名づけられ、その事業は集成館事業と呼ばれます。

しかしながら文久3年(1863)の薩英戦争で工場群は焼失、藩単独でイギリスと戦争するのも
荒っぽいが、とにかく斉彬の死去などもあり一時下火になりますが、次藩主島津忠義などにより
事業を再開。そして再建されたのが、不燃化のため石造の壁で造られたこの集成館機械工場で
慶応元年(1865)に完成、当時は紡績所などもあり一帯は壮大な洋式工場群だったという。

大正4年に閉鎖後、機械工場は博物館として集成館事業の精神を尊び「尚古」の冠が付けられ
「尚古集成館」と名付けられ現在にいたると。
P2263249.jpg
国重要文化財。バスで仙巌園前下車すぐ。入場料高め。
しかしあらためて薩摩とは凄いところだ。

紡績所を稼動するため機械と共に技師がイギリスから招聘されます、
その技師達の宿泊施設が同じく国重要文化財に指定されている異人館であります。
まさに昨日の敵は今日の友ということで次へ。
旧鹿児島紡績所技師館へつづく

東郷平八郎誕生地へ
鹿屋航空基地へ
山形屋へ
旧鹿児島県立興業館へ
知覧飛行場跡へ
旧鹿児島市公会堂へ
  1. 2011/08/08(月) 20:50:21|
  2. 鹿児島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

大日本帝国陸海軍兵器 (43)
零式艦上戦闘機 (11)
その他軍用機 (8)
海のもの (10)
陸のもの (9)
その他小物いろいろ (5)
建造物と建築物と史跡とか (323)
北海道 (16)
茨城県 (7)
栃木県 (22)
千葉県 (16)
埼玉県 (9)
東京都 (28)
神奈川県 (14)
新潟県 (7)
福井県 (3)
長野県 (25)
山梨県 (1)
静岡県 (10)
愛知県 (16)
大阪府 (14)
兵庫県 (1)
広島県 (35)
山口県 (7)
徳島県 (19)
愛媛県 (14)
福岡県 (13)
大分県 (21)
鹿児島県 (25)
台湾編 (28)
シンガポール編 (12)
ベトナム編 (15)
タイ編 (26)
カンボジア編 (40)
その他色々 (9)
ド素人釣り日記 (19)

月別アーカイブ

最新コメント

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->