さまよう雨男

出掛けると道に迷うか雨に降られます。 そんな私の散策の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

零式艦上戦闘機52型  鹿屋航空基地史料館  鹿児島県鹿屋市

零式艦上戦闘機52型甲
さて零戦4機目は、
海上自衛隊鹿屋航空基地にある鹿屋航空基地史料館に展示してある零式艦上戦闘機52型です。
鹿屋航空基地史料館には我が国の海軍発祥から現在の自衛隊の活動に至るまで
貴重な歴史資料が展示されています。
零式艦上戦闘機52型甲
この機体は鹿児島県の錦江湾と吹上浜の海底から引き揚げられた
2機の零戦を元に1機の零戦として復元されました。

史料館では遺品などの個人的なものは撮影できませんが、零戦は撮影可能なので
ビシバシ撮ってくださいと親切に言って頂きました、さすが四方の海を守る漢達。
入り口にあった海軍精神より
「スマートで、目先が利いて几帳面、負けじ魂これぞ船乗り」
ごちそうさまでした。
零式艦上戦闘機52型甲
「太平洋戦争は零式艦上戦闘機によって戦われた戦争と名づけてもよいと私は思っている」
(堀越二郎「零戦の遺産」から雑誌「丸」からの引用)
しかるに零戦の類まれな高性能がなければ対米戦を決意することは難しかっただろうと。
そして零戦の高性能を獲得するため失った防御力の為に、多くの優秀なパイロットを失い、
訓練もままならない若い命を次々に戦場に送り込まなくてはならないという状況に追い込まれ、
最後には機体もろとも突撃していくわけです。


鹿屋航空基地史料館へは鹿児島中央駅から鹿屋行きのバスが出てまして、
これがフェリーに乗るという珍しい路線バスで、
フェリー内でうどんを食し、桜島を眺めるというのが、いい旅夢気分です。
航空隊前下車、徒歩数分。

二式大艇へつづく

河口湖の零戦へ
靖国神社遊就館の零戦その1へ
茂原海軍航空基地へ
九三式中間練習機へ
スポンサーサイト
  1. 2011/06/25(土) 17:02:09|
  2. 零式艦上戦闘機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

大日本帝国陸海軍兵器 (43)
零式艦上戦闘機 (11)
その他軍用機 (8)
海のもの (10)
陸のもの (9)
その他小物いろいろ (5)
建造物と建築物と史跡とか (323)
北海道 (16)
茨城県 (7)
栃木県 (22)
千葉県 (16)
埼玉県 (9)
東京都 (28)
神奈川県 (14)
新潟県 (7)
福井県 (3)
長野県 (25)
山梨県 (1)
静岡県 (10)
愛知県 (16)
大阪府 (14)
兵庫県 (1)
広島県 (35)
山口県 (7)
徳島県 (19)
愛媛県 (14)
福岡県 (13)
大分県 (21)
鹿児島県 (25)
台湾編 (28)
シンガポール編 (12)
ベトナム編 (15)
タイ編 (26)
カンボジア編 (40)
その他色々 (9)
ド素人釣り日記 (19)

月別アーカイブ

最新コメント

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->