さまよう雨男

出掛けると道に迷うか雨に降られます。 そんな私の散策の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

十年式擲弾筒 他 土浦駐屯地資料館 小火器コーナー   茨城県土浦市

IMG_2591.jpg
土浦駐屯地の資料館へ。自衛隊のものと旧軍関係のものが展示されています。
IMG_2641.jpg
こちら小火器コーナーには大量の銃器が展示されています。
奥が十一年式軽機関銃。
大正11年に制式した我が国初の本格的軽機関銃。分隊兵器の先駆。
手前は九六式軽機関銃。
昭和11年に仮制式、実際に制式されたのは昭和13年。
標準眼鏡を使用し、薄暮、黎明時など比較的暗い状況での標準を可能。
他国には見られない着剣装置が付けられている。
IMG_2644.jpg
十年式擲弾筒。
難しい漢字のこの兵器は、
大正10年に制定された手榴弾を遠くに飛ばす日本独自の兵器だそうだ。
IMG_2651.jpg
八九式擲弾筒。
昭和4年に制定され終戦まで使用された。
弾種は榴弾、発煙弾、照明弾、信号弾、催涙弾など状況によって、
色んなもんを飛ばしていた。
映画とかにもこんなようなの良く出てきますね、「シュポーン」って鳴りながら。
しかし沢村栄治は手榴弾投げの競争で肩を壊したそうだ。
IMG_2647.jpg
三年式機関銃。大正3年制式。
IMG_2654.jpg
九二式重機関銃。昭和7年日本陸軍制式。
三年式機関銃の口径を拡大し、さらに低い姿勢での射撃を行なえるよう改良したもの。

小火器コーナーその2へつづく

土浦海軍航空隊跡 医務科棟へ
三八式野砲 ・改造三八式野砲へ
九四式37ミリ砲・一式機動47ミリ砲
三式中戦車へ
スポンサーサイト
  1. 2012/04/15(日) 00:04:42|
  2. その他小物いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十四年式拳銃 他  土浦駐屯地資料館 小火器コーナーその2   茨城県土浦市

IMG_2631.jpg
十四年式拳銃。
南部麒次郎が開発した南部式自動拳銃を原型にして設計、
大正14年に日本陸軍に制式採用され、
太平洋戦争終結まで日本軍の主力拳銃として使用された。
日本軍といえばやはり三八式歩兵銃とこの十四年式拳銃に大和魂が宿っているのかと。
IMG_2632.jpg
九四式拳銃。
将校用の小型拳銃として南部銃製造所が開発。昭和9年に製作、制式化された。
IMG_2676.jpg
90式二連装信号拳銃。
萱場製作所製造。
昭和4年から日本海軍に制式採用され、
真珠湾攻撃において南雲中将が全艦隊に攻撃開始の合図を行い、
第一次攻撃隊の放った「トラトラトラ」信号もこの信号拳銃で発せられたんだそうだ。
IMG_2661.jpg
98式射爆照準器。
昭和13年採用。
零戦をはじめ紫電、紫電改、雷電、月光等に装備された。

ここにはまだまだ銃の展示がありまして、
おそらく国内最大級の品揃えですので皆様方もぜひ土浦駐屯地へ。
ただ小火器コーナーは通常、月1回しか見学日がないようです。

土浦駐屯地の展示車両へつづく

土浦駐屯地資料館 小火機コーナーその1へ
三八式野砲 ・改造三八式野砲へ
九四式37ミリ砲・一式機動47ミリ砲へ
四一式山砲・九一式10センチ榴弾砲・四年式15センチ榴弾砲へ
  1. 2012/04/16(月) 20:23:02|
  2. その他小物いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陸上自衛隊高田駐屯地 郷土記念館展示品    新潟県上越市

郷土記念館の展示を少々。
IMG_3377.jpg
第13師団長、長岡外史が軍事視察団として来日していたオーストリアの軍人、
テオドール・エードラー・フォン・レルヒ少佐のスキー技術を、
軍隊にはじめて導入し、軍事訓練、山岳訓練に取り入れたのが日本のスキー発祥なのだそうだ。
そんなこんなでスキー関係の展示があります。
上の写真はスキー発祥時の服装、マネキンにヒゲがあるが長岡外史には遠く及ばない。
IMG_3357.jpg
その他スキー板などの展示。
IMG_3367.jpg
十四年式十糎加農砲弾薬箱。
IMG_3362.jpg
軍隊で需品として支給される軍用タバコの1つだった「保万礼」。
「ほまれ」と読む、「誉」と表示されてるものもある。

高田駐屯地には旧高田十三師団時代の建築物が残っています
旧高田十三師団木造建築物へつづく


陸上自衛隊高田駐屯地郷土記念館へ
旧高田十三師団長官舎へ
土浦海軍航空隊跡 医務科棟へ
土浦駐屯地資料館 小火機コーナーへ
高田世界館へ
旧牛丸洋食店へ
  1. 2012/06/12(火) 22:10:04|
  2. その他小物いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陸上自衛隊松本駐屯地 秀峰館            長野県松本市

IMG_3039.jpg
陸上自衛隊松本駐屯地の創設62周年記念行事にて旧軍関係などの資料が展示してある秀峰館へ。
秀峰館前には松本に兵営を置いていた歩兵第50連隊営門が移築されている。
IMG_3004.jpg
こちら硫黄島遺骨収集団により持ち帰られた遺品等。
IMG_3025.jpg
曲がった13粍機関砲。
浅間山に自爆した特攻隊長の遺品という説明があります。
すなわち昭和20年8月15日の終戦から3日後、愛機「飛燕」に乗って、
ふるさとの上空を旋回後、浅間山に突入し自爆した西川俊彦中尉のことです。
佐久市出身の西川俊彦中尉、当時21歳。
敗戦直後、出撃出来ず生き残った特攻隊員達の自爆や自決は少なくはなかった。
IMG_3006.jpg
このオルガンは昭和9年、松本五十連隊が県民の寄附を募り、
衛生病院に送ったもので、傷ついた兵士達の心を慰めた唯一の楽器なのだそうです。
               (案内板から抜粋)

陸上自衛隊松本駐屯地 展示品へつづく

陸上自衛隊高田駐屯地 郷土記念館展示品へ
土浦駐屯地資料館 小火機コーナーへ
松本市旧司祭館へ
旧開智学校校舎へ
旧制松本高等学校本館へ
  1. 2012/07/22(日) 15:09:19|
  2. その他小物いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九二式重機関銃  ナショナルメモリアル    タイ バンコク

バンコクのナショナルメモリアルに展示してある九二式重機関銃です。
画像 417
「A Japanese 7.7mm heavy machine gun Type 92」としか説明がないです。
まあ説明があったとしてもタイ語じゃわからんが。
九二式重機関銃というからには皇紀2592年、すなわち昭和7年に陸軍で正式採用、
日中戦争で初めて投入され太平洋戦争終戦まで使用された。
画像 420
全部で3挺展示ありました。

外に展示してある日本製の
ナショナルメモリアルの九五式軽戦車へつづく

タイ旅行記編 その16   ナショナルメモリアルへ
タイ旅行記編 その9 ワット・プラケオへ
土浦駐屯地資料館 小火機コーナーその1へ
三八式野砲 ・改造三八式野砲へ
九四式37ミリ砲・一式機動47ミリ砲へ
  1. 2013/02/01(金) 19:45:07|
  2. その他小物いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

大日本帝国陸海軍兵器 (43)
零式艦上戦闘機 (11)
その他軍用機 (8)
海のもの (10)
陸のもの (9)
その他小物いろいろ (5)
建造物と建築物と史跡とか (323)
北海道 (16)
茨城県 (7)
栃木県 (22)
千葉県 (16)
埼玉県 (9)
東京都 (28)
神奈川県 (14)
新潟県 (7)
福井県 (3)
長野県 (25)
山梨県 (1)
静岡県 (10)
愛知県 (16)
大阪府 (14)
兵庫県 (1)
広島県 (35)
山口県 (7)
徳島県 (19)
愛媛県 (14)
福岡県 (13)
大分県 (21)
鹿児島県 (25)
台湾編 (28)
シンガポール編 (12)
ベトナム編 (15)
タイ編 (26)
カンボジア編 (40)
その他色々 (9)
ド素人釣り日記 (19)

月別アーカイブ

最新コメント

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->