さまよう雨男

出掛けると道に迷うか雨に降られます。 そんな私の散策の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

零式艦上戦闘機52型   靖国神社遊就館   東京都千代田区

まずは靖国神社遊就館へ、
日本が誇る、そして悲劇の名機「零戦」を見にいきます。
PB281739.jpg
事前に吉村昭の小説「零式戦闘機」を読んで意気揚々と出掛けてまいりました。
遊就館の展示物は撮影禁止なのですが、零戦の展示してある1階ロビーだけは撮影可能です。
PB281749.jpg
さてこの零戦、昭和12年に海軍からこんな性能の戦闘機を開発しろということで、
「十二試艦上戦闘機計画要求書」が三菱重工業、中島飛行機に交付されます。
まあそれは結構無茶な要求でして、中島が辞退する中
かの有名な堀越二郎を主務者とした三菱設計陣が開発を進め
昭和15年に海軍の制式戦闘機として採用されます。
そしてその年の皇紀2600年を記念し、末尾の0をとって
「零式艦上戦闘機」と命名されます。


零戦は繰り返し改良され、この52型は零戦各型でもっとも多く生産されました。
丸く成型された翼端が特徴的なのだそうだ。

靖国神社遊就館の零戦その2へつづく

九三式中間練習機へ
若獅子神社の九七式中戦車へ
土浦海軍航空隊跡 医務科棟へ

スポンサーサイト
  1. 2011/05/27(金) 23:55:56|
  2. 零式艦上戦闘機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

零式艦上戦闘機52型   靖国神社遊就館その2 東京都千代田区

PB281763.jpg
零戦の初戦闘は支那事変、いわゆる日中戦争における重慶上空での空戦により
零式戦闘機隊13機は中国空軍戦闘機27機を撃墜、味方の損失無しという驚異的なデビューを飾ります。
その後も中国空軍に対しその類まれな航続距離と運動性により圧倒的な強さを発揮します。
PB281758.jpg
そして日中戦争が泥沼化する中、日米関係は悪化しついに日米開戦の日がやってくるわけです。

この機体はラバウルで見つかった主翼胴体とミクロネシア、ヤップ島で発見された
零戦5機を日本に持ち帰り復元されましたとのことです。

上野の国立科学博物館の零戦へつづく

靖国神社遊就館の零戦その1へ
万世特攻平和祈念館の零式水偵へ
調布飛行場跡へ
  1. 2011/05/28(土) 22:39:56|
  2. 零式艦上戦闘機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

零式艦上戦闘機21型   国立科学博物館   東京都台東区

靖国から上野へ零戦2機目を見に行く。
PB281880.jpg
昭和16年12月8日、海軍によるハワイ奇襲及び陸軍によるマレー上陸により大東亜戦争、
俗に言う太平洋戦争が勃発します。
零戦は緒戦において連合軍機に対して圧倒的な強さを誇ります。

吉村昭「零式戦闘機」より
「かれらにとって、零式戦闘機は、すでに戦闘機でははなく、神秘性をおびた奇怪な飛翔物だった」

そんな感じだったわけですが、戦局はミッドウエー海戦の大敗北から悪化の一途をたどります。
そして零戦は不幸にも不時着した無傷の機体を米軍により捕獲され、
徹底的な研究によりその神秘性を失います。
そして次々と新型戦闘機を繰り出していく連合国に対し
日本は零戦の後継機を開発できないまま零戦の改良型により応戦するしかなく
敗戦に向かっていくわけです。
PA110506.jpg
この国立科学博物館の展示されている零式艦上戦闘機21型は、ラバウル近辺の海底から
引き上げられたものを復元。当時ラバウルで偵察用に2座席に改造されたものということです。
エンジン見えるようになってますがどうなんでしょう。

福岡県の太刀洗平和記念館の零戦につづく

靖国神社遊就館の零戦その1へ
秋水へ
上野動物園へ
  1. 2011/05/30(月) 22:32:22|
  2. 零式艦上戦闘機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

零式艦上戦闘機32型   大刀洗平和記念館   福岡県筑前町

零戦3機目は福岡へ
零式艦上戦闘機32型3
戦局が不利になるにつれ、もはや体当たり攻撃しかないというなにか空気みたいなものに
支配され、世界史上前例のない飛行機による特別攻撃が行われます。
昭和19年10月、フィリピン・レイテ沖開戦において始めての特攻が実施され、
終戦まで数多くの若者が散華しました。
特攻にはいろんな戦闘機や爆撃機が投入されましたが、零戦は最も多く陸・海軍を通じて
640機が使用されました。
零式艦上戦闘機32型1
この機体はマーシャル諸島タロア島のジャングルにあったものを福岡航空宇宙協会が日本に
持ち帰り復元。その後名古屋の航空博物館、福岡の音楽館など流浪の旅をへて
現在この太刀洗平和記念館で展示されているわけです。
32型は主翼が直線にカットされており、主翼がちょっと短いのが特徴です。
零式艦上戦闘機32型2
大刀洗平和記念館には博多湾から引き上げられた陸軍九十七式戦闘機も展示されていますが
残念ながら撮影禁止です、靖国の遊就館もロビー以外は駄目だし、例の有名な鹿児島の記念館も
駄目だったなあ、遺品とか個人的なものとかはわかるんですけどね、まあいいや。

ここ大刀洗平和記念館周辺はかつて東洋一とうたわれた大刀洗飛行場を中心とした軍都でありました。
大刀洗飛行場跡へつづく

鹿屋航空基地史料館の零戦へ
靖国神社遊就館の零戦その1へ
一式陸攻へ
特殊潜航艇「甲標的」へ
  1. 2011/06/02(木) 21:46:09|
  2. 零式艦上戦闘機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

零式三座水上偵察機 万世特攻平和祈念館 鹿児島県南さつま市

零式水上偵察機1
万世特攻平和祈念館の1階に展示されている零式三座水上偵察機です。
この機体は案内板によりますと、昭和20年6月4日に沖縄方面に夜間索敵に行った帰りに
敵機の追撃を受け応戦、その後帰隊途中に燃料切れで吹上浜沖に着水し水没します、
時は流れて平成4年、吹上浜から引き上げられて当館に展示され、現在に至ります。
むしろ万世特攻平和祈念館は、この零式水偵を展示するために開館されたという話だ。
零式水上偵察機2
下手に復元されてペンキ塗立て感があるよりそのままってのが良いですよね。

知識が無いのでウィキペディアから丸写ししますと
零式水上偵察機とは愛知航空機が開発し、昭和15年に正式採用された日本海軍の水上機。
略称である零式水偵と呼ばれることが多く、零式小型水上偵察機との違いを明確にする場合には
零式三座水上偵察機とも表記される。
とのこと。

周辺を散策しながら鹿児島市内へ
旧鯵坂医院へつづく

鹿屋航空基地史料館の零戦へ
万世飛行場跡へ
二式大艇へ
河口湖の零戦へ
銀輪部隊の自転車へ
  1. 2011/06/14(火) 23:39:41|
  2. その他軍用機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

零式艦上戦闘機52型  鹿屋航空基地史料館  鹿児島県鹿屋市

零式艦上戦闘機52型甲
さて零戦4機目は、
海上自衛隊鹿屋航空基地にある鹿屋航空基地史料館に展示してある零式艦上戦闘機52型です。
鹿屋航空基地史料館には我が国の海軍発祥から現在の自衛隊の活動に至るまで
貴重な歴史資料が展示されています。
零式艦上戦闘機52型甲
この機体は鹿児島県の錦江湾と吹上浜の海底から引き揚げられた
2機の零戦を元に1機の零戦として復元されました。

史料館では遺品などの個人的なものは撮影できませんが、零戦は撮影可能なので
ビシバシ撮ってくださいと親切に言って頂きました、さすが四方の海を守る漢達。
入り口にあった海軍精神より
「スマートで、目先が利いて几帳面、負けじ魂これぞ船乗り」
ごちそうさまでした。
零式艦上戦闘機52型甲
「太平洋戦争は零式艦上戦闘機によって戦われた戦争と名づけてもよいと私は思っている」
(堀越二郎「零戦の遺産」から雑誌「丸」からの引用)
しかるに零戦の類まれな高性能がなければ対米戦を決意することは難しかっただろうと。
そして零戦の高性能を獲得するため失った防御力の為に、多くの優秀なパイロットを失い、
訓練もままならない若い命を次々に戦場に送り込まなくてはならないという状況に追い込まれ、
最後には機体もろとも突撃していくわけです。


鹿屋航空基地史料館へは鹿児島中央駅から鹿屋行きのバスが出てまして、
これがフェリーに乗るという珍しい路線バスで、
フェリー内でうどんを食し、桜島を眺めるというのが、いい旅夢気分です。
航空隊前下車、徒歩数分。

二式大艇へつづく

河口湖の零戦へ
靖国神社遊就館の零戦その1へ
茂原海軍航空基地へ
九三式中間練習機へ
  1. 2011/06/25(土) 17:02:09|
  2. 零式艦上戦闘機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二式大型飛行艇12型   鹿屋航空基地資料館    鹿児島県鹿屋市

二式飛行艇
川西航空機製作の名機「二式大型飛行艇」です、
「二式大艇」「二式飛行艇」とも呼ばれています。
以下案内板より抜粋。
二式大型飛行艇は昭和15年に初飛行した当時世界一の高性能を誇った大型飛行艇で、
昭和17年に旧日本海軍に正式採用され、偵察、哨戒、輸送など多方面に活躍しました。
終戦後、二式大型飛行艇に注目した米国は本国に運び、
各種の調査を行ってその高性能に驚嘆したといわれています。
二式飛行艇
この機体は米国内に保管されていましたが、引き取り先がなければ破棄しちゃうぞということで
船の科学館が引き取り、昭和54年に日本に還ってきます。
そして東京の船の科学館で野外展示されていましたが、平成16年にはるばる鹿児島まで
やって来て、ここ鹿屋航空基地資料館で保存展示しているわけです。
二式飛行艇
当時世界最高峰の高性能を誇ったという二式大艇。
別に日本は零戦だけじゃないんだぞということを教えてくれます。
二式飛行艇

ここ鹿屋航空基地資料館のある海上自衛隊鹿屋航空基地は
昭和11年に日本海軍鹿屋海軍航空隊の創設とともにその歴史をスタートし、
太平洋戦争開戦から終戦まで海軍の航空基地として使用されました。
戦後、警察予備隊の発足に伴い、昭和25年12月に鹿屋駐屯部隊が開隊され
昭和29年海上自衛隊鹿屋航空隊となります。

ここ鹿屋も特攻作戦の基地でありました、と言うより
かの有名な神風特攻隊の出撃基地であり、陸海軍を通じて最多の828名が出撃しています。

US-1A救難飛行艇へつづく

同じ川西航空機開発の紫電改へ
鹿屋航空基地史料館の零戦へ
九三式中間練習機へ
知覧飛行場跡その1へ
大津島回天基地跡へ

  1. 2011/06/28(火) 20:22:03|
  2. その他軍用機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫電改      紫電改展示館    愛媛県南宇和郡愛南町

PC182181.jpg
宇和島から南レク馬瀬山公園の紫電改展示館へやってきました。
二式大艇と同じ川西航空機が開発した局地戦闘機紫電改です、
漫画「紫電改のタカ」とかあるせいか、私のようなド素人でも零戦と紫電改は
なんとなく名前を聞いたことがあり、「シデン・カイ」と言う響きもなんか良いです。
「カイ・シデン」だとセイラさんに軟弱者と言われそうでありますが。
PC182182.jpg
さてこの紫電改、零戦ではすでに米軍のくりだす新鋭戦闘機に太刀打ちできなくなり
新型戦闘機の開発が急務とされているところで、水上機を専門につくっていた川西航空機が
すでに開発していた水上戦闘機「強風」を改造して「紫電」を開発します、
んで「紫電」の評判が悪いので丸々1年かけて改良を重ね「紫電改」を世に送り出すわけです。
なので正確には紫電改は紫電の改良型なので紫電二一型と呼ぶそうです。
PC182176.jpg
この機体は愛媛県南宇和郡城辺町久良湾の海底で発見され、引き上げられました。
昭和20年7月24日に大村基地を発進した第三四三航空隊の紫電改21機のうち
未帰還機が6機ありまして、この紫電改はそのうちの1機だと言う事です。
しかし誰の搭乗機かはわからず、亡くなった6名の方の写真が飾られています。

局地戦闘機とは防衛するための迎撃機であり、
すでに戦局は零戦のような航続距離を必要としなかったわけです、
そして紫電改は空襲にやってくるB29に立ち向かいました。

参考は紫電改展示館で買った、光文社「還ってきた紫電改」より。

紫電改その2へつづく

川西の二式大艇へ
靖国神社遊就館の零戦52型へ
鹿屋航空基地史料館の零戦52型へ
九三式中間練習機へ

  1. 2011/07/13(水) 21:38:43|
  2. その他軍用機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫電改 その2  紫電改展示館    愛媛県南宇和郡愛南町

PC182186.jpg
紫電改と言えば海軍三四三航空隊、これは源田実大佐が歴戦のパイロットを集め、紫電改によって
米軍を迎え撃つというコンセプトで、昭和19年12月25日に開隊されました、
そして海軍三四三航空隊、通称「剣」は松山に集結します。
PC182184.jpg
昭和20年3月19日、三四三空は松山上空付近において敵編隊との初の空戦を行い、
米軍機57機撃墜という大戦果を上げます。
まさに日本戦闘機隊の最後の意地だったわけですが、当然源田実の思うようには戦局は好転せず
敗戦に向かっていくわけです。

この引き上げられた紫電改、昭和20年7月24日の出撃で未帰還の6機のうちの
1機であるという可能性が高いということは先に述べましたが、
「還ってきた紫電改」より遺族の方のお話を。

「それこそ戦争に敗けたんも神武以来だもんね。国はじまって以来だもん。
戦争ばぁかり十年にいっぺんしてたから、年じゅう貧乏して。
明治の人間でラクしてきた人なんかありゃしない。・・・苦労したよ。無駄苦労だよ」

さてこの国はどこに向かっていたのだろうか、
膨大な金と時間と人間を浪費し坂の上にはなんかあったのだろうか。

P7135186.jpg
これは紫電改展示館の売店で売っている紫電改のマスコット。
個人の方の手作りだということです、おみやげに是非。
売店の方の話だと隊長機バージョンもあるらしいです、
これは一般機ですが、行った方は探してみてください。

それでは次はやはり松山へ。
松山航空基地跡へつづく

紫電改その1へ
川西の二式大艇へ
九三式中間練習機へ
若獅子神社の九七式中戦車へ
原爆ドームへ
  1. 2011/07/15(金) 20:46:20|
  2. その他軍用機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記念艦 三笠            神奈川県横須賀市

前回のロシア人墓地から日露戦争関係ということで、三笠を見に横須賀へ。
P5144807.jpg
日露戦争時の連合艦隊旗艦である三笠は、
横須賀市の三笠公園に記念艦として保存されています。
日露戦争のクライマックスである日本海海戦において、
連合艦隊司令長官東郷平八郎と共に日本を完全勝利に導いたこの艦は、
明治35年英国ビッカーズ造船所で竣工、当時世界弟一級の新鋭艦であったという。
P5144793.jpg
艦尾部。
明治38年5月27日午後2時5分。この三笠を先頭に連合艦隊はバルチック艦隊の前で
敵前大回頭、いわゆる「東郷ターン」を行い、集中砲火をうけた三笠は30発以上被弾しますが、
ターンを終え反撃を開始し、バルチック艦隊を完膚なきまでに叩きのめします。
P5144765.jpg
30センチ主砲とマストのZ旗。
有名なZ旗は「皇国のノ興廃コノ一戦ニアリ、各員一層奮励努力セヨ」という信号なわけですが、
日本海海戦の大勝によりその後、海戦ではないのに
ピンチの時にはZ旗みたいな感じで慣用されたようです。
まあ縁起担ぎということです。
P5144759.jpg
主砲から前甲板を。
大日本帝国海軍から海上自衛隊にいたるまで、甲板のゴミは
連合艦隊司令長官でも一兵卒でも気が付いた人が拾うのが伝統だそうです、
だからこそ常に甲板は美しく保てるのだと。
しかし会社でつまらん上司に「おい君、そこにゴミが落ちてるぞ、拾っとけ」と言われても、
気付いたんならお前が拾えとは口が裂けても言えませんが。

三笠その2へつづく

ロシア人墓地へ
戦艦「陸奥」沈没位置へ
旧呉海軍工廠へ

  1. 2011/08/02(火) 21:31:00|
  2. 海のもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

大日本帝国陸海軍兵器 (43)
零式艦上戦闘機 (11)
その他軍用機 (8)
海のもの (10)
陸のもの (9)
その他小物いろいろ (5)
建造物と建築物と史跡とか (323)
北海道 (16)
茨城県 (7)
栃木県 (22)
千葉県 (16)
埼玉県 (9)
東京都 (28)
神奈川県 (14)
新潟県 (7)
福井県 (3)
長野県 (25)
山梨県 (1)
静岡県 (10)
愛知県 (16)
大阪府 (14)
兵庫県 (1)
広島県 (35)
山口県 (7)
徳島県 (19)
愛媛県 (14)
福岡県 (13)
大分県 (21)
鹿児島県 (25)
台湾編 (28)
シンガポール編 (12)
ベトナム編 (15)
タイ編 (26)
カンボジア編 (40)
その他色々 (9)
ド素人釣り日記 (19)

月別アーカイブ

最新コメント

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->