さまよう雨男

出掛けると道に迷うか雨に降られます。 そんな私の散策の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧月島警察署西仲通交番(月島警察署西仲通地域安全センター) 東京都中央区

前回、伊東の文化財の交番を紹介したので、有名な東京の古い交番を。
PB281780.jpg
地下鉄大江戸線で月島駅から、
月島西仲通商店街、通称「もんじゃストリート」を歩いていくと見えてきます。
歩道にのっかってて申し訳なさそうに建っているこの交番、正確には元交番。
大正10年ごろに交番が設置、当時は木造。大正15年に鉄筋コンクリート造に改築され現在の姿に。
平成19年に交番整理のため「地域安全センター」になる前までは、警視庁最古の現役交番でした。
取り壊しも検討されたようだが商店街のシンボルとして残そうという声があり現在に至ると。
PB281778.jpg
知らぬ間にあっさり撤去されることのないよう願ってます。

なんか、おまわりさんのいない交番いっぱいありますな。

再び伊東へ
旧旅館いな葉へつづく

旧伊東警察署松原交番へ
旧宇和島警察署へ
大黒湯へ
スポンサーサイト
  1. 2011/08/27(土) 22:22:34|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大黒湯                      東京都足立区

さて伊東の温泉旅館からお湯つながりで東京の超有名な銭湯へ。
PC252454.jpg
JR・地下鉄北千住駅から徒歩で迷って15分くらい、
色んなところで紹介されている北千住の銭湯、大黒湯です。
まさに一瞬「寺かよ」ってみんなつっこむのが良いそうです。
PC252460.jpg
昭和4年創業、改装を繰り返しながらも当時の外観を保ち、現在も営業してるありがたい銭湯です。
ただ入り口が真ん中じゃないのがちょっと残念。
PC252457.jpg
有名な脱衣所の格天井。花鳥風月が描かれた鏡板は104枚あるそうな。
一眼レフ持って撮影してた人何人かいました、僕は安~いカメラでがんばりました。
PC252461.jpg
これぞ東京の銭湯っで感じらしいです。
僕が一番印象に残ってるのは塩素の匂いですけど、それを含めて
東京の銭湯なのでしょうな。しばらく体から匂ってましたぞ。

浜松の零戦へつづく

旧旅館いな葉へ
東海館へ
道後温泉本館へ
  1. 2011/09/02(金) 22:12:46|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京メトロ浅草駅 4番出口    東京都台東区

IMG_0737.jpg
いかにも浅草って感じの東京メトロ浅草駅4番出口。
昭和2年に浅草駅が開業したときの建築だそうだ、
浅草駅は昭和2年12月に、日本初の地下鉄である「東京地下鉄道」上野~浅草間が開通し開業、
日本の地下鉄の歴史が始まった由緒ある駅なのだ。
日本初すなわちアジア初、熱い時代だ。
IMG_0735.jpg
設計は建築家の今井兼次、同じく東京メトロ稲荷町駅出入り口も設計したそうだ。
地下鉄の出入り口など、階段と屋根しかないと思ってましたが、
これは立派な、まさに歴史的建築物です。
IMG_0727.jpg
その昭和2年開業の駅から、階段を上れば、
アサヒビールのキラキラしたビルと東京スカイツリー、
だからこの国は面白い。

府中へ
府中刑務所へつづく

諏訪ノ森駅へ
門司港駅へ
大阪の木造駅舎、浜寺公園駅へ
  1. 2011/11/02(水) 20:08:39|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三億円事件現場        東京都府中市

毎年文化の日に府中刑務所文化祭が行なわれます、
受刑者が矯正作業で作ったものが販売され、塀の中ツアーがあったりします。
他の刑務所では矯正展と呼ばれますが、府中刑務所は文化祭と呼ぶそうです。
その文化祭に出掛けたついでにせっかくなので、昭和史に残る歴史的犯罪である
三億円強奪事件の事件現場付近を彷徨ったわけです。
IMG_0808.jpg
高い塀に囲まれた府中刑務所の北側、学園通りの路上で事件は発生しました。
昭和43年12月10日、東京芝浦電気(現東芝)府中工場へ、
従業員のボーナス2億9430万7500円を輸送中の現金輸送車に対し
擬装白バイに乗り、警官に変装した犯人が車を停車させ、
「この車にダイナマイトが仕掛けてあるという連絡があったので調べさせてほしい」
と言って銀行員を輸送車から降ろさせ、調べるふりをしてそのまま車に乗って走り去り、
まんまと三億円を奪い取るわけです、しかも一滴の血も流さず・・・
4日前に銀行の支店長宅を爆破するという脅迫状があったという布石があり、
爆弾に対して銀行員達もビビッてしまい、いとも簡単に騙されてしまったわけです。
恐るべし犯人、並みの策士ではない。世が世なら竹中半兵衛並みの名軍師。

警察は威信を賭け捜査を開始、
頭脳警察のファーストアルバムのジャケットにもなっているあのモンタージュ写真を公表し、
捜査した警官延べ17万人、捜査費9億円以上が投じられ、
過労によって殉職者を2名を出しながら、昭和50年12月10日、公訴時効が成立し、
日本犯罪史に残る未解決事件となります。

現在でも色々な分析が行なわれてますが、単独犯か複数犯なのかも未だわからず。

IMG_0801.jpg

んなわけで文化祭へ
府中刑務所文化祭へつづく

  1. 2011/11/03(木) 22:41:24|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

府中刑務所・文化祭2011    東京都府中市

IMG_0746.jpg
府中刑務所文化祭へ。とりあえず平成11年就工の庁舎。

文化祭は10時オープン、9時過ぎには到着したものの、すでに長蛇の列がありました。
「本日の1日所長はタレントの島崎和歌子さんです」と言うアナウンスがありましたが、
並んでる人達はまったくのノーリアクションでアンサーチェック。
そしてテープカットが行なわれ文化祭スタート。
パチンコ屋のオープン並みの開店ダッシュが繰り広げられました、
ダッシュの目的は、概ねコッペパン派と塀の中ツアー派に分かれたようです。
んで私は塀の中ツアーへダッシュ。
IMG_0741.jpg
すでに大勢の人達が・・・
IMG_0767.jpg
無事午前中の2回目をゲット。
時間になったらマイクロバスに乗って出発します、
刑務間の人の説明を聞きながら、約20分位の旅路でした。
IMG_0769.jpg
塀の中はもちろん撮影禁止なので、せめて乗ったバスを。
IMG_0779.jpg
無事娑婆に帰ってきたので、もう1つの目玉の府中麦飯食堂へ。
堀の中の食事、いわゆる臭い飯が食べれるということで、ここも長蛇の列。
今年は麦飯ビーフカレーか麦飯厚揚げの旨煮。
IMG_0783.jpg
レシピを元に外注で再現したとのことで、
カレー食べても「意外と普通だね」という感想しかないと思うので厚揚げの旨煮にしてみた。
感想は意外と普通でした。ただ500円は高いぞう。
せっかくなので映画に出てくるような、
麦飯にタクアン2枚とか麦飯に茹でたジャガイモ2つとかでも面白いと思うのだが。
IMG_0800.jpg
塀の中ツアーと麦飯、あとパンをゲットできれば完璧だったのですが、
あまりにも列が長いので諦めました、んで例によって家具とか眺めておうちに帰ります。
帰りに吉野家に寄り、悪いことは絶対にしないと誓いながら。

みなさまも文化の日は府中刑務所へ。

府中刑務所庁舎内の展示へつづく

府中刑務所と言えば三億円事件の現場へ
千葉刑務所矯正展へ
  1. 2011/11/04(金) 21:54:01|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巣鴨監獄表門   府中刑務所庁舎  東京都府中市

IMG_0756.jpg
府中刑務所文化祭にて、
庁舎内に府中刑務所の前身である巣鴨監獄で表門として使用されていた扉が展示されています。
巣鴨監獄は明治28年10月、警視庁石川島監獄分署が石川島から、
北豊島郡西巣鴨村に新築移転され、警視庁巣鴨監獄支所となり、
明治36年4月、司法省所管「巣鴨監獄」となり大正11年「巣鴨刑務所」と仮称されます。
しかし大正12年の関東大震災による建物の被害を契機に、昭和10年5月、
当時の東京府府中町に移転し、同年6月に「府中刑務所」と仮称され、
現在の「府中刑務所」の歴史が始まるわけです。

巣鴨刑務所は刑務所としての機能を府中刑務所に移管したあと「巣鴨拘置所」と改称。
そうあのスガモプリズンです。

なのでサンシャインへ、巣鴨プリズン跡へつづく

府中刑務所文化祭の模様はこちら
千葉刑務所の矯正展はこちら
府中刑務所と言えば三億円事件の現場はこちら

IMG_0752.jpg
もう1つ府中刑務所庁舎に展示してあった「看督長」(かどのおさ)の人形。
看督長とは平安時代の監獄の番をする役のことで、現在の刑務官の元祖ということです。
当時は人気者だったようで、神社の入り口に守護神として祭られることもあったそうだ。
  1. 2011/11/05(土) 20:06:13|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巣鴨プリズン跡     東京都豊島区

昭和53年に当時日本一の高層ビルとして、建設されたサンシャインビルは、
巣鴨プリズンの跡地に建てられました。
ビルの裏手の公園の隅にひっそりと碑が建てられています。
ここが処刑台があった場所、正確には裏の植え込みのあたりだそうだが、
現在それを示すものは無く、戦犯の慰霊碑は戦争を美化するという理由からただ
「永久平和を願って」と刻まれており、碑の裏の説明も歯切れが悪い。
ビシッと「巣鴨プリズン絞首刑台跡」って書かんかい。
PB281818.jpg
明治28年、石川島から警視庁監獄の支所を移した後、大正10年「巣鴨刑務所」となり
昭和10年に刑務所としての機能を府中刑務所に移転し、後に「東京拘置所」となります。
昭和20年、敗戦によりGHQが接収、戦犯容疑者を収容し戦争犯罪人の刑を執行する
「スガモプリズン」として開設します。

極東国際軍事裁判によるA級戦犯の7名の絞首刑執行を初め、
横浜地方裁判所内に設置された軍事法廷で、死刑を宣告されたBC級戦犯達の刑がここで執行された。
横浜で死刑を宣告された51人の大半は俘虜(捕虜)収容所関係の軍人だったという。
よく話に出る捕虜の食事に鰹節を出したら、「木を食わされた」と元捕虜が訴え、
死刑になったというような、裁判が行なわれていたわけだ。
PB281821.jpg
昭和46年東京拘置所は葛飾区・小菅に移転、
建物は解体され跡地にサンシャイン60が建設、
処刑台のあたりは東池袋中央公園として開園された。

なにをもって戦争を美化してるのかは、碑の建立に反対した人達に聞かなきゃわからんが、
戦争を風化させていることは間違いない。
JR池袋駅からサンシャインシティへ向かって10分くらい、
戦国時代もいいがほんの70年前の日本の歴史もたまには紐解いてみて下さい。

参考は吉村昭「プリズンの満月」と平塚柾緒「東京裁判の全貌」より。

東京裁判が行なわれた所
市ケ谷記念館へつづく

府中刑務所庁舎に展示されている巣鴨監獄の門へ
府中刑務所へ
旧千葉監獄へ
吉村昭と言えば丹那トンネルへ
吉村昭と言えば陸奥爆沈へ
旧横浜地方裁判所へ

  1. 2011/11/07(月) 21:01:51|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧陸軍士官学校本部(市ケ谷記念館)  東京都新宿区

PB221553.jpg
極東国際軍事裁判の法廷として使用されたこの建物は、
昭和12年6月に旧陸軍士官学校本部として建設されましたが、
同年8月に士官学校本科が座間へ移転、昭和16年には予科士官学校が朝霞へ移転し、
代わって大本営陸軍部、陸軍省、参謀本部が置かれました。
昭和20年8月、敗戦により米軍に接収され、
翌昭和21年5月から昭和23年11月まで極東国際軍事裁判の法廷として使用される。
その後は米極東軍事司令部等に使用され、昭和34年に日本に返還。
昭和35年から陸上自衛隊東部方面総監部及び陸上・海上・航空自衛隊幹部学校等に使用されました。
                                    (リーフレットより)
PB221490.jpg
極東国際軍事裁判が行われた大講堂。
PB221517.jpg
天皇陛下の為の「玉座」。
PB221543.jpg
2階席から、2階は一般の傍聴席とのこと。
極東国際軍事裁判については「勝者が敗者を裁く」裁判であり、色々な意見があるかと思います、
ただ日本が悪くなかったわけでもなく、米国を含む連合国側が正しかったわけでもない、
まあ人間なんてそんな綺麗なモンじゃないってことなんだろう。
PB221554.jpg
平成12年、六本木にあった防衛庁本庁舎が市ヶ谷地区に移転、
そのさいに取り壊される予定だったが、歴史的価値を考慮し市ケ谷記念館として移設復元。
正確には最低限を残した一部復元。

あとは昭和45年の三島由紀夫の割腹自殺の舞台がここ。

市ケ谷記念館は防衛省の市ヶ谷台ツアーに参加して見学することができます。

なので市ヶ谷台ツアーの様子につづく

巣鴨プリズン跡へ
BC級の裁判が行なわれた旧横浜地方裁判所へ
旧海軍兵学校生徒館へ
  1. 2011/11/09(水) 20:44:58|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

防衛省・市ヶ谷台ツアー       東京都新宿区

PB221571.jpg
防衛省正門。
防衛省・市ヶ谷台ツアーは平日の午前と午後に実施、事前に電話で予約します、
午前と午後では若干見学コースが違い、殉職者慰霊碑とか見学できる午前のほうが人気の模様です、
私は午前の部が満員だったので午後にしました。年に何回かは休日特別開催があるようです。
ガイドのお姉さんと自衛官の方の解説を聞きながら見学します。
さすが現役の自衛官、声がでかいです。
PB221478.jpg
庁舎A棟。基本的に写真撮影はOKなのですが、A棟の中を通過するときは絶対にダメ。
PB221563.jpg
庁舎D棟。
PB221518.jpg
メインは東京裁判が行なわれた市ヶ谷記念館
これは展示されている当時使われていた時計と桜のマーク。
PB221559.jpg
そんな感じです。

都内に残る空襲の傷跡
旧日立航空機立川工場変電所へつづく

市ヶ谷記念館へ
海上自衛隊第一術科学校へ
  1. 2011/11/10(木) 21:39:02|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧日立航空機立川工場変電所      東京都東大和市

PA170578.jpg
東京の有名な、機銃掃射の跡を残す建造物。
都立東大和南公園の中にあります、というか後に周りが公園として整備された。
犬の散歩やら、のどかな感じの中から見えるこの景色は不思議な感じがする、
正面から写真撮りたかったので、建物の前で親子がキャッチボールしてるのを終わるまで眺めていた、
終戦直後は日本中がこんな風景だったんだろうか。
PA170593.jpg
壁に残る機銃掃射の弾痕。
以下案内板から、
この建物は昭和13年に建設された、航空機のエンジンを生産する軍需工場、東京瓦斯電気工業
(翌年合併により日立航空機株式会社立川工場に改称)の変電所でした。
北隣にあった設備で充電した66000ボルトの電気を3300ボルトに変電して、
工場内へ供給するという施設でした。
PA170577.jpg
第2次大戦中に行なわれた攻撃は3回。
昭和20年2月17日にグラマンF6Fなどによる50機編隊による銃・爆撃、
同年4月19日、P51ムスタング戦闘機らによる機銃掃射、
その5日後の24日、B29の101機編隊による空襲、
あわせて110余名の死者を出し、多数の負傷者を出した。
すでに戦局の悪化により制空権を失っていた日本において、軍需工場は特に狙われた。
PA170566.jpg
後ろから。
終戦後、経営者が変わってもこのままの姿で平成5年12月まで電気を送り続けていた、
後に工場が移転され周辺が公園として整備されるにあたり、
東大和市文化財として指定され保存されることになる。
他にも残念ながら取り壊された給水塔のモニュメントが整備されている。
PA170588.jpg
いわゆる戦災建造物と呼ぶそうだ、広島のあの戦災建造物は世界遺産、
これも国宝にしてしまえ。
年に何回か内部が見れる機会がある模様、
多摩都市モノレール玉川上水駅から団地を抜けて、都立東大和南公園へ。

さて千葉へ
千葉刑務所へつづく

弾痕が残る大隅横川駅へ
グラマンと戦った零戦へ
立ち向かった紫電改へ
原爆ドームへ

  1. 2011/11/12(土) 17:21:24|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

大日本帝国陸海軍兵器 (43)
零式艦上戦闘機 (11)
その他軍用機 (8)
海のもの (10)
陸のもの (9)
その他小物いろいろ (5)
建造物と建築物と史跡とか (323)
北海道 (16)
茨城県 (7)
栃木県 (22)
千葉県 (16)
埼玉県 (9)
東京都 (28)
神奈川県 (14)
新潟県 (7)
福井県 (3)
長野県 (25)
山梨県 (1)
静岡県 (10)
愛知県 (16)
大阪府 (14)
兵庫県 (1)
広島県 (35)
山口県 (7)
徳島県 (19)
愛媛県 (14)
福岡県 (13)
大分県 (21)
鹿児島県 (25)
台湾編 (28)
シンガポール編 (12)
ベトナム編 (15)
タイ編 (26)
カンボジア編 (40)
その他色々 (9)
ド素人釣り日記 (19)

月別アーカイブ

最新コメント

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->